片長チャンネル(バリ取り)作業

片長チャンネルとは

片長チャンネルとは、ガラスや鏡を壁面に取り付けるための受け金具です。

バリ取りとは

バリ取りとは、金属やプラスチックのパーツを加工する際に生じたバリ(素材の出っ張り)を取り除く作業のことをいいます。

バリが残っているパーツを使用すると、所定のサイズでないために組み立て不備による誤作動などを引き起こしてしまう可能性があります。また、バリ取りが不十分なパーツにふれた場合、鋭いバリで手を切るなどのケガをする可能性もあります。

バリ取りは製品の品質維持や、パーツを手に取って使用する人の安全にも貢献しているのです。

納入商品の最後仕上げ工程で「バリ取り&角面取り」を行います。

日建工業株式会社の最新情報をお届けします